クリーンになった消費者金融のキャッシング

キャッシングとは、現金を借りること、つまり小口の融資を受けることです。本人確認できるものがあれば、保証人や担保はいらないのが特徴です。

今までお金を借りる場合にはお金を貸した側が損をしない為に、返済ができなくなった時のために担保や(連帯)保証人を必要とするのが普通でした。

しかしキャッシングのサービスが一般化するにつれ、借りやすさの面を重視する為に保証人や担保を不要とし、すぐに必要なときに融資を受けられるようになりました。

キャッシングのメリットは、クレジットカードとは違い、現金が手に入ることです。クレジットカードは、加盟店でしか利用できませんが、キャッシングはどんな場所でも使える現金が手に入るので、急に現金が必要になった時は非常に便利です。

キャッシングの審査はとても簡単です。利用する金額によっても違いますが、顔写真付きの身分証明書(主に運転免許証)があればOKです。希望融資額が大きい場合には、源泉徴収票などの所得証明書を用意する必要があります。

業者は申込んだ人の信用情報を照会し、問題がないかチェックします。この審査は照らし合わせるだけなので、最短で30分~1時間ほどで借り入れが可能です。

審査における諸条件としては、満20歳から70歳の方で安定した収入のある方です。パートやアルバイトでも収入があれば、その人の返済能力に応じて借り入れすることができることが多いです。

最近の消費者金融大手は信用できる会社が多いです。特にテレビでコマーシャルをやっているような消費者金融は、銀行の子会社であることが多いので経営面でも信用ができます。昔は消費者金融もグレーゾーン金利という高い金利での貸付を行っていましたが、最近は親会社である銀行の評判にも直結するので、法定金利を守った貸付を行っています。

キャッシング利用者が増えた背景には、店舗に行かなくてもスマートフォンだけで申込ができ、審査に通ればその日のうちに融資を受けることができる手軽さが挙げられます。

また、一定期間無利息で融資を受けることができる会社(アコムなど)もあるので、キャッシング=利息が高いというイメージを持っていた人でも利用しやすくなっています。返済に関してもコンビニATMを利用することもでき、手数料も無料というところが多いです。

このように消費者金融のキャッシングは、昔とは違い暗いイメージなどではなく、うまく利用すれば手軽に便利に利用できるサービスになりました。