借金を一本化したい!審査甘いところはある?

借金に悩む男の人複数の借金をまとめてスッキリしたい!
借金も2件以上になってくると、まとめてしまいたくなりますよね。
その方が支払いが1箇所だけになるし、金利もお得になります。
でも審査に落ちたくないから、できるだけ審査が甘いところがいいなーって考えたことがありあすよね?
審査が甘いところを自然と探してしまうっていうことは、何かしらの理由があって審査に不安があるということなんです。
審査を不安に思うのはなぜでしょうか?

例えば最近転職したばかりだ、過去にブラックだったなど人によて様々な理由があると思います。
勤続年数が短いと、たしかに審査には通りにくくなります。
勤続年数というのは、きちんと返済できるかどうかに大きく関わっていく項目です。
この場合は審査が甘いところを必死に捜すよりも、時間が過ぎるのを待つしかありません。
最低でも半年以上は勤めていないと、どこでも審査は難しいでしょう。

過去にブラックだった場合は、過去の返済が終わってから5年~7年経過していれば問題ありません。
ブラックリストの情報は、完済してから5年~7年で消えると言われています。
きちんと期間が経過していれば、今新しいキャッシングに申し込んでも何の問題もありませんので安心してください。
過去にブラックだったからといって、審査が甘い所を探す必要はありません。
ブラックでも申し込みOK!なんて広告を派手に出しているところに申し込んで、闇金トラブルになってしまったという人も少なくないので十分注意してください。

それに審査が甘いとネットなどで評判の会社は、金利が他社よりも高いという傾向もあります。
せっかく借金を一本化しても、、以前より明らかに金利が高くなってしまったら意味もなくなってしまいますのでよく検討した上で申し込むようにしましょう。

クレカのポイント、使い方はこれがお得!

何かが閃いた指ポイントクレカを使って貯まったポイント、何に使っていますか?
カタログなどに載っている商品と交換したり、商品券に交換したり、他社のポイントに交換したりクレカのポイントの使い方にはたくさんの種類があります。
でも、せっかく貯まったポイントを交換するのならお得に交換したいですよね。
どれも同じでは?と思っていたクレカのポイント交換なんですが、実は何と交換するかによっては損してしまう場合もあるんです。

実はポイントの交換で一番損してしまうポイントの使い方は、商品と交換することなんです。
ポイント交換でカタログ等に掲載されている商品は、設定が高めになっています。
例えば、カタログなどで1万円分のポイントで交換できる商品があったとします。
それと同じ商品を、ネットで検索してみるとはるかに安い値段で購入することができることがほとんどなんです。
最近では、直接お店で買うよりもネットで買うほうが安い場合が多いですよね。
ネット販売の方が人件費等の費用を削減できるため、商品がセールなどで安い場合が多いんです。
なのでクレカのポイントは、商品と交換するのは損になってしまう可能性が高いのです。

クレカのポイントをお得に交換したいのなら、商品券や他社のポイントに交換してしまったほうがいいです。
最近では、商品券に交換しても使える場所で欲しいモノがあるかわからないし面倒くさいということで他社のポイントに交換してしまう人が多いです。
楽天などネットでショッピング出来るところに交換すれば、商品数もたくさんあるし自宅でほしいものをじっくり探すこともできますよね。
ただどこの会社のポイントに交換するかによっては、効率が悪い場合もあるので交換前にしっかり確認するようにしましょう。

キャッシングでブラックとはどういうこと?

愕然と膝と手を付くサラリーマンキャッシングを申込もうとする時に気になるのが審査。
審査の時に需要になるのが、信用情報と言われています。

信用情報とは、キャッシングカードなどを申し込んだ時の審査の際に使われる信用機関の情報です。
しかしその情報機関の情報が、人によってはブラックな場合があります。

ブラックというのは、ブラックリスト扱いになってしまっているということです。
実際にはブラックリストというのは存在しませんが、事故情報扱いになてしまっているという意味でブラックリストとも呼ばれています。

事故情報扱いされる人はどんな人かというと、支払いの延滞をしたり、自己破産や債務整理をした人などは事故情報として扱われます。
事故情報として扱われてしまうと、キャッシングなどを申し込んでも審査には通ることができなくなります。
もちろん、一度事故扱いになったらもうどうすることのできないのか?と不安になる方もいるかもしれません。
過去の延滞などの支払いを全て終わらせてから、約5年後には自己情報扱いではなくなると言われています。
ある程度の年数は必要にはなりますが、一生審査に通ることができないわけではないので安心して下さい。

とはいえ、できるのならブラック扱いにはなりたくはないですよね。
今既にキャッシングなどを利用しているのであれば、支払い期限などを忘れずに延滞することなどがないように気をつけて利用するようにしましょう。