傷病手当は手続きが遅く、カードローンは早い

体調の悪そうな男性会社に入ってある程度の年数が経つと、グループのまとめ役を任されたりプロジェクトを任されたり、急に忙しくなって体がついてこなくなることがありますね。
忙しいからと病院へもいかずに軽く考えていると、心の方もついてこなくなることもあります。
体、心のいずれにしても、壊れてしまったらそのまま仕事を続けることもできなくなってしまいます。
やむを得ず休職するとなれば、最初の1か月は有給などを利用して病欠扱いできても、2か月目からは給料が支払われないことがほとんどですよね。
健康保険の傷病手当という制度はありますが、申請してもなかなかお金は入ってこないものです。

生活費が足りなくて本当に困ったときは、頼りになるのはやはりキャッシングサービスです。
最近は審査も早い会社が多いので、休職中とはいえ会社にきちんと所属しているので借りられるケースは多いと思います。

傷病手当は手続きも遅く支払いも遅いので頼りにならない面はありますが、条件を満たしていれば支払われるのは間違いないため、一旦キャッシングして補い、傷病手当が支払われたらキャッシング一括返済に当てるのがよいです。
でも本来は傷病手当は、病気で働けず生活に困っている人を、それだけで助ける制度であるべきですね。

キャッシングでポイントが貯まる?

指っしする女性クレジットカードで大きな買い物をした時にもらえるポイントは、結構バカにできないので楽しみの一つですよね。
特に引っ越しをした時などは、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、暖房、電子レンジ、カセットコンロといった生活必需品をごっそり買い換えることも多く、かなり高額の買い物になります。
でもまとまったお金であるがゆえ、貯金が足りずにキャッシングで購入する、といったこともあると思います。

クレジットカードもキャッシングも、お金を借りて買い物するという点は同じなのに、キャッシングの場合は予定通りの返済をしてもポイントが付かないことがほとんどです。

しかしポイントが付くキャッシングもあるんです!
それは楽天カードのキャッシング機能です。
楽天カードでキャッシングすると、クレジットカードとして利用した時と同様に楽天スーパーポイントが付きます。
還元率はそんなに高くないですが、金額が大きければ付くのと付かないでは全然違いますね。
しかもこのカードは審査無しで作れて、初回も合計8000ポイントが付いてきました。(ポイント数はキャンペーンで異なります)
審査もそんなに厳しくないので、パートやアルバイトの方でも作れるのが大きなメリットですね。

引っ越し時などの大きな買い物以外でも、金欠の時にどうしても買いたいものがあるときにも重宝します。
グレーゾーン金利もなくなったので、金利も15%程度と納得できるものになのも利用しやすい点ですね。

分割払いよりキャッシングが優れている理由

指でOKサインする女性いろいろなキャッシング会社でクレジットカードやキャッシュカードを作っていました。
ニコスカード、楽天カード、ローソン会員カード、アコム、丸井のエポスカードなどです。
キャッシングの大きな使用用途は一つ目としては「大きな買い物」する時です。
これは本当に助かりました。

分割払いでローンを組んでも良かったのですが、一度組んでしまうと月々の支払い額や支払い回数などの契約内容は変更できないので不便でした。
その点、キャッシングは借りている元金総額に応じて返済額が変わりますし、まとめて返済することもできます。
会社によっては1000円単位で返済できたのでとても融通が利きました。
また、毎月明細が来たりもしないので、証拠が残らないのもいいですね。

10万円の買い物をするときは、4万円だけ自分の財布から捻出して、残りの6万円はキャッシングから借りる、こういった運用をすることで中々手の届かない高額な買い物もすることができました。

特に引っ越し時や友人の結婚式が重なったりなど、我慢するという選択肢が選べない状況ではやはりキャッシングは便利です。
でもできれば返済額は減らしたいので、貯金が少しでもあるならあらかじめ支払いに当てたいものですよね。