ずるずる借りたお金の返済の難しさ

舞い散るお札

消費者金融で合計110万円借りましたが、最初は5万円からのスタートでした。

それを返済しそのまま解約すれば良かったのですが、少しお金が必要になると一万円、二万円とかりる癖がつき、限度額を最大まで引き上げ、いつの間にか自分の預金口座のような感覚になっていました。
そうなると、もう返済しなくてはいけないという感覚もなくなっていきます。

次借りる為に必要最低額を月々返済してまた借りる、その繰り返しで気付けば100万円を超えていました。
気づいた時には月々の返済額も当初の3倍になっており、月々の返済だけ生活費をかなり圧迫するようになっていました。
そうなると、当然返すのが苦痛になります。

これが20万・30万という額であれば何カ月で返そうと目標が見えますが、100万を超えてくると年単位での返済になるので先が見えません。
だらだら、ずるずると借りてきたお金は何も生まず、返済しなければいけないという縛りで自分を苦しい状況においてしまっただけでした。

しかし、返さないといけないお金です。
色々なもの、事を節制し返済にあてていくことができるようになりました。
それまでは少しお金が足りないと思えば出てくるお金があったので、節制をすることさえ苦痛になっていました。

追い詰められてからは、ひたすら自分との戦いです。
どれだけ自分の欲求、甘さを断ち切り生活の中していくかです。
本当に困ったとき助けてくれる消費者金融ですが、使い方によってはこれだけ自分を苦しめうる存在だという事を忘れてはいけません。

麻痺すると恐ろしいキャッシング

スロットで負けて落ち込む人

ギャンブル依存症・買い物依存症で、はじめて消費者金融に借金をしたのは社会人一年目でした。

大学時代からギャンブルと洋服を買うことが大好きで、電気を止められるレベルでしたが、大学生はみんなこんなものだろう・・・くらいに気楽に考えていました。
結局大学在学中は家賃が払えなくなって、親に立て替えてもらうくらいクズだったのですが、実家に戻った社会人一年目でも、自分のなかの「悪魔」や「毒」みたいなものを解消することができずに、ズルズルと堕落した生活をしていました。

社会人になって収入を得られるようになるも、その一方で税金の支払いやら奨学金の返済やら車のローンやら支払いも増えてしまいました。
そんななかでもギャンブルをしたい欲求や洋服が買いたい欲求を抑えることができずに、衝動的にギャンブルや散在を繰り返す毎日。
家に帰るのもなんとなく億劫で、深夜まで飲み屋さんで過ごすこともありました。
平日でもお構いなしです。
当然、そんな生活では、お金が足りなくなってしまいます。

そしてなんの抵抗もなく消費者金融から借金をしました、最初は10万円。
それなりに大きい会社で働いていたので、審査は楽なもんでした。
それからはキャッシングしたお金も自分の貯金みたいに錯覚をして使い続け、気づいたら4社から100万円借りてました。

その後、実家を出て一人暮らしをすることになりましたが、ギャンブル中心の生活を変えることができず、ガスを止められたり電気を止められたり。
2日間、ご飯が食べられなかったこともあり、虫とか食べられるのかなぁ?って考えるくらい、極限状態でした。
市役所の人がドンドンドンと玄関のドアをたたいて、税金の取り立てにくるのも苦しかったです。
いわゆる居留守というものを決め込んでました。

ああ、惨めだったと思います。本当に戻りたくない過去です。
キャッシングは困ったときだけ上手に利用すれば、本当に便利だと思います。
でも借金しているという感覚が麻痺すると、あっという間に借入額が増えるので、安易に手を出すのはやはり危険です。