銀行系カードローン対消費者金融系カードローン

銀行の建物キャッシングといえば、現在大きく分けると銀行系と消費者金融系の2つになると思います。

私が選ぶのならば、もちろん銀行系のカードローンですが、世の中、消費者金融がなくならない事を考えると需要はあるのでしょう。
銀行系のカードローンは金利が安く、コンビニのATMなどとも連動している事が多く、借りたり返したりするのもストレスなく利用ができます。

また、繰り上げ返済も手数料がかからない事が多く、薄利多売なのかなと感じる部分が多いです。
薄利多売な分だけ、銀行系は審査が厳しいようです。
だいたい銀行系のカードローンを申し込むと勤務先調査が入ります。

私は、銀行の方に「住宅ローン借換のため在先確認で電話をしました」と言ってもらいカードローンの在籍確認をして貰った事があります。

銀行であればこの様な電話がかかってきても、住宅ローンで立場を保つ事が出来ますが、あからさまに消費者金融系の企業から職場に電話が入ったら、金銭的に問題を抱えていると判断されるのではないかと思います。

ただし在職期間が短い人などは銀行の借り入れも難しいでしょうから、審査が甘い消費者金融系になってしまうのかなと思います。

借り入れの審査が甘い方が、その分、金利が高い傾向にあるのではないでょうか。

リボ払い地獄になった最悪な日々

落ち込む女性大学時代にカードを作ったことが原因で、サークルで万単位のお金を使うようになり、バイトでの稼ぎしかなく、沢山のお金が入らない為に、カード払いやキャッシングに頼る生活が始まりました。
キャッシングは自分のお金ではないのに簡単にお金が出てくるため、変に勘違いし自分がお金を持っているかのような錯覚に陥ります。
光熱費などに加え、旅行のお金、彼の誕生日プレゼントのお金、遊び代、食事代等カード支払いを増やしまくった結果、2枚のカードを使い分けることとなりました。
一括や2回払いだと1ヶ月の支払いがきつく、リボ払いへと変更していきました。

それが更なるカード地獄へのスタートでした。
リボ払いは1ヶ月の支払いが少なくなりますが、その分手数料がかなりかかり、いつまで払い続けても減らないというコラムを読みました。

確かに毎月ある程度の金額を払ってもなかなか返済額が減らず、カードをさらに使い続ける為、増え続けていく一方でした。
最終的にはカード2枚で100万近くまで膨れ上がり、払えない額となったため、更に消費者金融にお金を借りてしまっていた自分がいました。

支払いが遅れてしまったりして、消費者金融から電話があり、彼氏にも借金があることを内緒にしていたのですが、ばれて最悪の事態を招くこととなりました。
人としてそんなところにお金を借りるなんてありえないと散々怒られ、喧嘩に何度もなりました。
将来を考えられない等、自業自得ですが、ひどい言葉も浴びせられました。

自分ではどうしようもなくなり、親に相談して散々迷惑をかけることとなりました。
周りの人たちにも迷惑をかけてしまい、自分のストレスにもなり、本当に全てにおいて人生で最悪でした。
それからはカードを捨て、カードを使わない日々になりましたが、カードというのは本当に怖く、人を狂わせてしまうものだと実感致しました。

使い方を考えないと本当に危険です。

周りに言えない状況が借入額膨らむ要因に

恋人を想う女性私は高校卒業後から実家を出て、これまでずっと一人暮らしを続けております。
その間、両親からの金銭的な援助もなく、周りに比べお金への苦労が絶えない生活を送っていました。
それでも、身の丈、自分の稼げる範囲内で生活をすることが大事と考え、その範囲を超えてお金を借りても返すのは難しいのだからと、日常の中で見かけるキャッシングローンの看板やCMは自分とは縁のないものと考えていました。

ですが、去年から彼との結婚の話が進み、洋服やデート代と出費が重なるようになりました。
ただの恋人とのデートでしたら、それほど見栄も張ることもなかったのですが、結婚を前提としたお付き合いとのこともあり、ここで印象を悪くしてしまうと、自分の今後の将来に関わるかもしれないという危惧が、これまで以上にお金を作りたいという気持ちを強くさせていました。

そんな中、目にしたのが少額の借り入れで半年以内に返済すれば利息が0円というWEB広告でした。
当初は目先のデートの出費などが目的でしたから、ちょっとだけ借りてすぐに返せると思っていました。

ですが、自分が汗をかかないで得られたお金で容易に見栄を張ることができたことは、徐々にに癖になっていきました。月に借り入れる額は数万程度ですが、それでも毎月借りていったことから、半年も過ぎると月の給料額より多くなってしまいました。

現在も毎月返済していますが、返済完了するまでには数年かかりそうです。
今までずっとお金を借りることに抵抗を覚えていたのに、なぜこんな状況にと悩んだりもしましたが、そのもともとのお金を借りることへの抵抗や後ろめたさが、目を背けることにつながり、周りに相談したりすることもなくずるずると来てしまったのだと思います。

借り入れたこと自体を後悔しているわけではありませんが、そのことと向き合えず、後ろめたいという気持ちを持ったまま借り入れ続けてしまったことに自分は後悔しています。
もし、お金を借りるとしても、返せる環境を整える気持ちが必要だと強く感じました。

せめて、誰かに相談できること、それは思った以上に今の自分を冷静に見つめ直す、とても大事なことなのかもしれません。

勤労学生が消費者金融から借金をした結果

お札を数える手ほんの数年前ではありますが、私が大学生の頃に消費者金融二社(プロミスとアイフル)から各10万円ずつ計20万円の借金をしていました。
大学二年生で二十歳になり保護者の同意書も必要なくキャッシングを利用できる歳になったこともあり、そしてそれまでの期間たくさんアルバイトをしていたのにも関わらずそれ以上に遊びすぎていたので、私はキャッシングに頼ることにしました。
当時何より恐れていたのはこのことが両親に知られることとアルバイト先に知られることだった私は、プロミスにネット申し込みをした後に在籍確認は必ず必要なのか問い合わせました。
プロミスでは給料明細に勤務先が記されているなら、それだけで在籍確認がされたことになるとのこと。
それならと、無人契約機に行き給料明細と他に免許証を提出して無事に10万円の融資を受けることができました。
学生であってもプロミスは、安定した収入があれば電話での在籍確認も無しに融資をしてくれたので借入ができた後はとても安心しました。

私はプロミスからの融資を受けた後ATMを第二の口座のように使い、急な遊びの誘いがあった時でもプロミスを頼っていたので友好関係も非常に良好でした。
しかし、計画的に返済しているならまだしも私のようにまるで自分の口座のようにキャッシングを利用していてはもちろん返済が滞ります。
その時に私の取った行動は、もう一社からキャッシングを受けるという手段でした。

そして今度はアイフルにネット申し込みをして、プロミスの時と同様に心配だった在籍確認は職場の人に相談した上で電話で在籍確認をしてもらい免許証と給料明細を提出して10万円の融資を受けました。
このように二社から融資を受けていて良かった点は、最初のプロミスだけでは審査をしても10万円までしか融資をしてもらえませんがアイフルがあることで最大20万円を一気に手にすることができることです。

何かほしいものがありそれが高価なものであっても、キャッシングを利用することによって購入することが可能でした。
ですが二社から借りてしまっているという危機感が私の考え方を少し大人に、計画的にしてくれました。
それからは借入の際もよく考え、きちんと計画して返せる額だけを借りるように心掛けていました。

勤労学生とも言えるほど働いていた私は、月収を丸々返済にあてれば一社は完済できて尚且つもう一社にもそれなりの額を支払えるくらいの返済能力がありました。
言い方を変えると、学生でありながらキャッシングを利用しようとするならばそれくらいの収入があった方が安心であり、もし収入が月に10万円を切るようならば出来る限り今の収入でやりくりしていくべきだというのが実際にキャッシングをしていた私が思うことです。

計画的にといいましたが、実際のところ私はこの借金を完済するまでに3年の歳月がかかりました。ですが、だからと言ってキャッシングをするのは良くないというのではなく、きちんと返済能力を有しCMで言われているように計画的に返済していけるのであればキャッシングは非常に便利なものだと私は思います。