会社選びには借りやすいかどうかを見極める

カードを待つ手カードローンを利用するにあたってまずお金を借りられなければ意味がありません。
いくらいい評判のカードローンの会社でも審査は必ずあるのでその審査の基準を見極めてカードローンの申込をする必要があります。
今は完済している身ですが私はカードローンを利用していました。

まずはカードローンの会社として名が通っているという事。
最近ではCMでもよくカードローンやキャッシングのテレビCMを見ます。
あのCMに出ている会社はやはり有名で名が通っている分、資金力もバックボーンもしっかりしているので借りる人の分母が大きい分、借りやすくなりますので、まず有名であることは重要ポイントです。

次にCMでもよく聞くと思いますが、「即日融資」という言葉です。
これは最短で申込をしたその日にお金が借りられるという意味ですので、急なお金が要りようの時にはとても助かります。
最近ではケータイやスマホから申込のほとんどが出来、わざわざ店舗に来店しなくてもスムーズに申込をすすめることが出来ます。

そして即日融資に対応してくれる会社は借りやすい印象もあります。
積極的にお金を貸してお客さんを確保しようと企業の方向性が感じ取れるので、この即日融資が出来る点も良い所です。
最後に自分の住んでいる地域にその利用したいカードローン会社の店舗があるかというのも重要です。
もしカードローンを利用して今後増額したいと思ったり、登録の変更等の際には実際に店舗にいき申込をする方が早く済みます。

モビットで浮気調査費用を借りました

可愛い下着私は結婚歴5年の30代のサラリーマンで、子供はいません。
結婚してからも妻とは共働きなのですが、半年前から妻の帰宅時刻がだんだん遅くなってきたり、ひどいときは深夜0時を過ぎてから帰宅するようになってきました。
また、会社の打ち上げがあると称して外でお酒を飲んでくる機会も増えてきました。

妻は営業部門で働いていますので、外で飲んでくる機会は以前からあったのですが、その回数はさらに増えてくるようになりました。
だんだん不審に思い「最近遅いな」と尋ねたのですが「仕事だから仕方がない」という返事ばかりで、それ以上は当初は私も追及しませんでした。

しかし、妻の浮気を疑うようなことがでてきました。
例えば、妻の下着がオシャレになってきたり派手になってきたのです。
私は、興信所に依頼して、妻の浮気調査をすることにしました。
インターネットでいろいろ興信所を調べてみたのですが、たくさんあります。
そのなかで浮気調査専門を宣伝文句にしている興信所に電話してみて、一度面談して話を聞いてみることにしました。

いままで興信所を利用したことがなかったので、どういう事業所なのか不安でしたが、一般的なサラリーマンと同様な人物が対応してきて、話し方も振る舞いもサラリーマン同様でした。
そこで安心感をもって、私の妻の浮気調査について依頼をすることにしました。
調査期間は1ヶ月間として、毎週3日間、18時以降に調査をするという契約です。

ただし、浮気調査の費用の見積もりをもらって驚きました。
約30万円だったのです。
これだけの費用は、ボーナスがでないと一括しては支払えません。
クレジットカードでも支払えるとのことでしたが、私のクレジットカードでは利用枠を超えてしまうので無理でした。

このため、金融機関からお金を借りて調査費用を支払うことにしました。
幸い、調査費用の支払いについては、浮気調査の結果報告を受け取った時点で良いとのことでしたので、時間的猶予はありました。
私はさっそく自宅で、妻のいない時間帯に、お金を借りやすい金融機関を探しました。
そして、三井住友銀行グループのモビットに30万円の借り入れを申し込むことにしました。
メガバンクの関連会社なら安心だろうと思ったのです。

モビットは、ホームページからキャッシングの申し込みができるので、申し込み画面から勤務先や年収など必要事項を入力して申し込みました。
すると、翌日には私の携帯電話に審査がとおった旨の連絡をもらうことができ、30万円は自分ひとりで管理している銀行口座に入金してもらえました。

そして、3週間後に興信所に調査費用を支払うことができました。
消費者金融からお金を借りるとなると、どうしても同居している家族にばれてしまうと思われがちですが、モビットならホームページから借り入れを申し込めますし、自分が管理している銀行口座に入金してもらえば家族にはわかりません。
また、モビットの場合はWEB完結申し込みをすれば、カードの発行もありませんので安心です。

なかなか減らないローン返済の日々

飛んでいくお金の前で泣く男性大手企業に入社して忙しく働いていた中、人間関係で悩み休職し収入が減り生活費に悩み、50万円を消費者金融で借りました。
毎月1万円ずつの返済でしたが、毎月返しても中々返済額は減らず。
再就職してたものの、収入は以前より減り1万円を返すのにもギリギリになりました。

返済額が、中々減らない事に焦りはじめました。
焦ると頭の中は借金の事ばかりになりました。節約出来る所は、節約し交際費をかけない為に友達の誘いも断るようになり誘いも減っていきました。
お金をかけないように休みの日も外に出る事も減る一方。

毎日仕事に通勤するだけで息抜きする楽しい事もなくなり、毎日、毎日、返済をする事を考えてばかりで気持ちも暗くなりました。
節約したお金は1万円から2万円に多く返済をしたり、切り詰めて行くうちに、頭の中は借金を返済する事ばかりで、借金を安易にしてしまった事に情けなくなり、次第に自分を追い詰めるように。

体調も崩しがちになり、病院へ行き心療内科に通うように勧められました。
安定剤を服用し、少しずつ借金の返済する事だけに意識をしないように医師からアドバイスされました。
無理して多く返済するのを辞め、最低金額の1万円を少しずつ返済するようにしました。

借金をしてから全てに余裕がなくなり、友達との時間も、自分の時間もなくし、体調も崩してしまい苦しみました。
それでも、中々返済額は減らずにいましたが、焦らず時間をかけてボーナスを待ち返済にあてて行くうちに、ようやく完済が見えるようになりました。
完済が見えてからは、気持ちにも余裕が出始めて、以前の暮らしに少しずつも戻りましたが、借金額が減らなかった時期が、1番辛く自分を追い詰めて身体をも壊しました。
返済額の減らない領収書を見るのが今でも辛かった時期を思い出させます。