お金がないなら借りずに日払いのバイトをしろ!

数枚のカード初めてキャッシングをしたのは25歳の時でした。
地元の銀行カードローンで、確か借り入れ限度額が50万円だったと思います。
借り入れ動機は、単に最初はお金が無くなったときに保険で一枚作っておけば何かと便利だろうといったものでした。

銀行の窓口で申し込みを行ったのですが、係の人から「審査の際に勤務実態の確認のために会社にお電話させてもらいますけれども、カード会社の名前でお呼び出しさせていただきましょうか?それとも友達を装って個人名でお呼び出しさせていただきましょうか?」と言われたので、「個人名でお願いします」と言いました。

数日後、会社に電話が掛かってきたのですが、会社の受付の女性から、「○○さん宛に電話が掛かってきまして、どちらさまですか?と尋ねても○○さんの友達の××ですとしか言われないのですが、ご存じですか?」と言われて、すごく怪しまれた感じがした経験があります。
結局は審査も通過して無事にカードを作ることか出来たのですが、カードを作れた安心感よりも、会社の女性に不審がられた不安のほうが大きかったです。

昔は年収による借り入れ制限が無かった為、最終的に7社のカードを作ってしまい、借り入れ総額が500万円を越えてしまいました。
原因はギャンブルです。
利息も払えなくなってしまい、テレビCMでお馴染みの法律事務所に相談し、債務整理を行うことにしました。

最初に作った地元の銀行カードローンは、給与の振り込み口座と一緒の銀行なので、債務整理をすると振り込み口座が使えなくなるとのことだったので、債務整理の対象とせず、現在も利息を払いながら返済を続けています。
他の全てのカード会社は債務整理を行いました。
現在、全ての借金の残り残高を50万円まですることができました。
来年には完済することが出来ると思います。

借りるのは簡単ですが返すのは地獄です。
死のうと思う日が毎日のように続きましたが、現在こうして生きています。
湯水のごとくお金を捨てた20代、そのツケに追われた30代。
何も残らず、辛く、無駄な時間だったと今となってそのように思います。

キャッシングは絶対にしないで下さい!!私もそうでしたが金銭感覚が完全にマヒして、返済しても返済しても返済したマイナスの口座からまた借り入れしてしまいます。
自分のお金だと思い込んしまうからです。
キャッシングするくらいなら、ショットワークスのような日払いバイトで稼ぐほうが1000倍良いと思います。

カードローン地獄になった私の生活

家計管理のイメージ夫のボーナスを期待していたのに、企業の業績悪化で出ませんでした。
月々の給料だけでは足りず、子どもの幼稚園代、習い事いろいろ支払いがあるのに、支払いが間に合いません。
困り果て、来店不要で専業主婦でも借りれるカードローンに申し込み、すぐに通りました。

そして三ヶ月後、またお金が足りなくまりました。
夫の残業代が減り、ほぼゼロに。
2社目で不安でしたが、再度カードローン申し込みして、こちらもすぐに通りました。
少し金利が高いところだったからかもしれません。

パートに出たいけれど下の子が生まれたばかりだったし、幼稚園の行事の保護者参加が多く、パートに出たとしても下の子の保育園代を払う余裕もない状態。
託児所に預けてパートの面接に行っても一日5千円はかかるからもったいなくて諦めました。

なぜか給料よりも支払う方が多くなってお金がたりなくまりました。
3社目のカードローン、来店不要のネット銀行や都市銀行は審査に落ちたけれど、地銀は通りました。
でも支店に行っての手続きになり、行員からいろいろ聞かれて嫌になってしまいました。

こんな生活をして一年が過ぎたけれど、借金は減りません。
こどもにおもちゃやお菓子も買ってあげれず、食べるだけで精一杯。
児童手当てはありがたいです。
私も家計を助けるために在宅ワークを始めました。
こどもを預けるお金ができたら私もパートに出て借金返済に頑張りたいと思っています。
日本の景気よくなれ、保育園代安くなれ。