カードを複数使い始めた時の注意すべきこと

モノクロのクレジットカードカードで遅滞せずに完済する方法として私が注意したい点は、カードを複数持たないことと、家計簿をつけること、高い買い物をしたときにリボ払いなどの分割をやめることです。
インターネットでカード契約をすれば、初回ポイントが入るといわれ、複数枚契約したことがあります。
その結果、ポイントから引かれると安心してしまい、普段よりも多くの買い物をしてしまって、さらに、それが複数枚であったことからポイント以上の請求があちこちからきてしまい、合計すると金額が予想よりも多くきた経験があります。

次に、高い買い物をするとき、今まで現金払いで買うのを控えていたゲーム機や時計といったものが分割払いでもいいと考えてしまうと、支払いができる気になって購入してしまうことがありました。
その時に、今の自分だけでなく、数か月後の自分を想像して買わないと1か月後、2か月後に別の支払いがあるにもかかわらず、請求が容赦なく来ます。

この2つの結果、私は支払いが3か月遅れてしまい、カードが強制解約となりました。
以上のことから私が注意としてあげたい点は、カードも現金と変わらないということを肝に銘じておくことと、現金と違い財布の中からお金が目に見える形で減っていくわけでなくので、家計簿をつけることです。

クレジットカード使い分けて最大還元率を目指す

クレジットカードと電卓額が小さくても例え100円以下でも、クレジットカードが使えるお店であれば必ず使うようにしています。
ですので現金流出は町の八百屋さんでの買い物やお賽銭などごく限られた所でのみです。
そして、クレジットカードは数枚持ち、使い分けています。
一番使用頻度が高いのが還元率2%のリクルートカードプラスで、普段使いしています。
今はもう作ることはできないので、大切にしていこう思っています。

次に使うのは、イオンセレクトカードです。
家購入のローンをイオン銀行で組むと始めの五年間は買い物全て5%オフになるので、近くのイオンでの買い物の際は必ずイオンセレクトカードで支払います。
この二枚を中心に使っていますが、誕生日月にはライフカードを使います。
誕生月はポイント五倍で、還元率が2.5%となりリクルートカードプラスを上回ります。
大きな買い物は誕生月に固めるように年単位で調整をしています。

貯めたポイントの使い道として、リクルートポイントはポンタに変えています。
ローソンでポンタポイントでお菓子などに引き替えると半額くらいの値段で商品に変えられるので、実質還元率はもっと上がります。
ライフカードはポイントを五年繰り越して、ギフトカードに替える予定です。
ポイントを貯めれば貯めるほど還元率がアップするので貯められるだけ貯めて最大の還元率になるように調整していきます。

家族に内緒で安心して使えたカードローン

中身の入ってない財布出張の多い時期にマイカーの故障など予期せぬ出費が重なりました。
更には友達の結婚式までもがいっぺんに訪れ、どうにも資金不足になり、モビットのカードローンを利用しました。
はじめはカードローンはやはり借金なので利用することに抵抗もあり、家族にも言えるわけもなく毎日どうしようかと悩んでいました。
ですが調べると、webでの申し込みも簡単で、先にカードを作っておけば、家族にもばれずに融資可能と知り思い切って申し込みました。

返済も毎月コンビニから簡単に返済も出来るし、返済が遅れない限りは家に郵便物も来ないとのこと。
自分の許容範囲内で無理なく利用していけば、意外と利用価値もあるものだと思います。
やはり、借金には変わりないので、利用にあたり注意するべき事はたくさんあります。
でも自分としては、総合的に利用して良かったと思います。

これからも急な出費がある時には、ちょくちょく利用させてもらうことになると思います。
ある程度利用していると限度額を増やしませんか?と言う連絡もありましたが、流石にそれには応じていません。
やっぱりお金を借りることは基本的には怖いことなので、無理なく確りした意識を持って使っていかなければ、怖いことにもなりかねません。
少しビビりながらこれからも使うことでしょう。

考えなかった私とこれから借りるあなたへ

モノクロのお金と電卓キャッシング、カードローンに対する不安は必ずある事でしょう。
私は何も調べず利用してしまいましたが、きちんと計画を立てて利用していたら、、と思います。
まず、審査が通るかの不安に関しては、ほぼ心配は無用と思います。
収入が少しでもあれば簡単に借り入れる事ができます。

しかし、ここできちんと毎月の返済額を決めておかないと、後々地獄が訪れますので注意が必要です。
月々自分がいくら返済できるかをよく考えてみる必要があるのです。
ここが重要で簡単に借りれたはよいが、油断すると後で利息分も支払えなくなってしまいます。
まずは、借りる金額と返済額をよく考えて決めることです。

次は借りられる会社を見比べて慎重に選びます。
見るポイントは金利と利用限度額、あと、大手か、中小企業か、銀行かです。
おすすめは銀行カードローンです。
理由としては低金利のところが多く、1000円単位で借りられるところも多いからです。
大手企業、中小企業などは1000円単位の借り入れは少なく、10000円単位でしか借りられないところが多いです。
細かに利用したい方は銀行カードローンのサイトから調べてみて下さい。
聞いた事のない業者は、闇の可能性がありますので最初から外して検討してください。

レイクのカードローンを利用しました

クレジットカードレイクのカードローンを利用しました。
貯蓄があまりなく毎月の給与で生活費等を引けば、手元に2~3万円しか残らなかったです。
そしてある日親友の結婚式に招待されました。
しかも一ヶ月の間に二人続いてです。

お金が無いから行けないとさすがに言えず、カードローンを少し調べて利用することにしました。
色々カードローンには種類があるようで消費者金融カードローンや銀行カードローンがあり、総量規制法によって違うみたいです。
今回はテレビCMでもよく見ていてイメージも良かったレイクに利用しようと決めました。
3日で借り入れが出来たのでスピーディーで助かりました。
審査スピードが早く借り入れも早くとなれば私みたいな急なお金の入り用の時にはとても助かります。

10万円という額ですが私にはとても大きく親友への信頼も損なうことなく結婚式に出席することが出来ました。
またレイク以外にも審査が早いと調べていて分かったことがアイフルです。
こちらもまた機会があれば利用しようと思います。
全体的に消費者金融のカードローンは借りやすいイメージがありますが、レイクを選んで良かったと思います。
スタッフの電話対応も良かったですし、利用して心に余裕が出ました。

地道に貯めて一括で返済で金利カット

通帳みてガッツポーズする女性私が借りていたお金を返済するのには約4年かかる予定でした。
毎月最低限の返済をしていってもなかなか元金は減りません。
元金に対して金利も付くので、このまま返していくともったいないなと思いました。
金利も高い数字なのでこのまま返済していくとかなりの無駄なお金を払ってしまう事になります。

そこで考えたのが、別でコツコツと貯めていき、一括で返済する事です。
そうすれば無駄に金利分を多く支払ってしまう事もないと思いました。
最低限の返済額よりも毎月多く払って行こうかとも思ったのですが、計算してみたらそれよりも一括で返した方が金利分が少なかったのでこの方法を選びました。

毎月最低限の返済はしていき、違う通帳にコツコツと2年間頑張って貯めて行きました。
副業や節約も頑張りました。
その結果一括で返済する事ができ、予定していた期間よりも2年も早く返すことが出来ました。
何かと使ってしまいがちなので、自分でお金を貯めて行くことは意外と難しいです。
私はどうしても早く返したいという気持ちでいっぱいだったので、貯めていた通帳には絶対に手をつけませんでした。
2年も早く返すことによって金利を多く払わずに済み、損する事がなかったのでよかったです。

あくまでも短期で小さな金額を返せる程度に

オモチャのATM私が初めてカードローンを利用したのは、去年の4月のことです。
それまでは、お金に困ることはありませんでしたが、身内の不幸事が重なり、急な出費が多くなったうえに私が出産してすぐだったので、働くこともできず困っていました。
しかし、身内に借金するのは嫌だったので、なんとかできないかと色々探してみました。
そして見つけたのが、金利は今の預金に比べれば相当高いですが、それでもクレジットカードのキャッシングよりはましな、収入がない主婦でも借りられる銀行のカードローンです。

春は税金も色々と払わないといけないし、お祝いも重なり、やむにやまれず、短期で返済すれば便利に使えると思い借りました。
イオン銀行のカードローンは持っているクレジットカードでも借りれますし、いちいちイオンまで行かなくても提携している銀行のATMで入金も借り入れもできて本当に便利でした。でも、金利はかかるので、短い期間、少ない金額を借りてさっと返すが基本だと思います。
長期に借りるのなら、収入を増やすとかしないとどんどん借金が増えていくばかりになりますので。

あくまでも短期で小さな金額を返せる程度に借りることをお勧めしたいです。
なるべく借りないのにこしたことはないのは言うまでもないのですが、やむをえないときのお守りみたいなものとして便利に使う程度だと思います。

まずカードローンには手を出すな。借金を作るな。

お金で悩む男性まずカードローンに手を出す時点で返せる当てもない人が多すぎるからこうなってしまうのだと思います。
私も後先考えず、大金が手に入るのが嬉しくてたてつづけに5社、クレジットカードの支払いも足すと350万円ほどの借金がある身です。
まず、本当にまともな人ならカードローンに手を出したりなんかしません。
今、お金が無いから借りる人に、未来にもお金はあるとは考えにくいですよね。
そんな人は計画性もないので、毎月きちんと返し続けることなんてとても出来ません。

借金なんて手を出したら終わりです。
綺麗に自分で返しきった人もいますが、そういう人は元々の借金の理由も違っています。
大きな出費が運悪く重なって返すメドが、ちゃんとある人たちです。
そうではなくて、目先のお金がないから借りるというような人はどこか自分に甘く、どうせ誰かが借金を返してくれるだろう、そういう人ばかりです。
後は周りに壮大な迷惑をかけるか、自己破産、怖い人に追い詰められる。
本当に辛いです。
なんで借金なんか作ったんだろうと、私は本当に後悔しています。

安易に借金なんかするな、カードローンなんてものに手を出すな。
こう言うことしか出来ません。
金銭感覚も狂って予定より借金がつもり積もるなんて良くある話です。
借金なんて本当にしてはいけません。

自由に使えるお金が4万円の私が3ヶ月で35万円完済

数枚のお札をめくる私は、結婚資金でどうしてもお金が必要になり、35万を借りてしまいました。
その当時は借りれる事に満足していたため、利息がどの位なのかあまり気にしていませんでしたが、あとで利息を見てあまりの料金に驚きました。
当たり前です、喜んでお金を貸してくれる人はこの世にいませんし、利息があるからこそ、貸してくれるのです。
分かってはいたものの、生まれて初めての借り入れに気が滅入りました。

理由が理由ではありますので何とか納得して、私はすぐに返そうと決めました。
そこからコンビニとカフェに行く事を禁止!
また、私の楽しみの1つでもある友人との飲み会は外で飲むのではなく、家でパーティーをする等なるべくお金を使わないように心がけました。

収入は借り入れをする時と一円も変わらなかったのですが、驚くことに小さな積み重ねの結果、通常よりもお給料が残っていることに気がつき、使う前にすぐに返済に充てました。
そのように小さな心がけを毎日実行したところ、利息をほぼ払うことなく3ヶ月で35万円を返済する事に成功しました。

35万円とは私のボーナスと固定給を合わせても到達しない金額です。
借金をし落ち込みはしましたが、結果3ヶ月で35万円を貯められることに気がつき、今ではいい体験をしたと思ってます。
最近はもちろんコンビニも行きますし、友人と外食をすることもありますが、無駄遣いをしないようになりました。
借りてもすぐかえす、それは物でもお金でも同じだと基本的なことを再認識できました。

様々なカードローン会社を用途に合わせて

カードとお札がはみ出たサイフ急な出費や旅行中ホテル代や交通費がなくなった、明日給料日なのに飲みに誘われたなど次の日や長くても3日以内に全額返済できるのであれば消費者金融に頼ります。
但し闇雲にとびこんで借り入れするのではなく金利の安い所を選ぶのは必須。
すぐに用意しなければいけないのにいちいち金利を調べてる時間などない場合はテレビコマーシャルにでている消費者金融で銀行などと提携を結んでいるところを選びます。

そういう消費者金融はだいたい業界内でも低金利のところです。
最近は無人の契約コーナーが増えていますが、窓口の接客もきちんとされています。
借り入れした金額に対し1日何%の金利なので極端な話その日に借りてその日返せば利息はつきません。
街角で闇雲に配られるティシュペーパーの裏を見ると、聞いたこともない様な名前の消費者金融があります。
審査不要などいい事ばかり書いてありがちですが、そういった業者は利用しません。
長くローンを組まなければいけない時は大手カードローン会社を利用します。
引き落とし日に口座が残高不足でも10日後に再引き落としをしてくれるという安心感もひとつの理由です。

教育ローンなどは銀行、生命保険会社、信金など銀行系を利用します。
学校卒業後から本格的な支払いができるところもあるので。教育ローンもカード式になっている所が多く返済できる時はいつでも、いくらでも返済できるので便利なところもあります。