傷病手当は手続きが遅く、カードローンは早い

体調の悪そうな男性会社に入ってある程度の年数が経つと、グループのまとめ役を任されたりプロジェクトを任されたり、急に忙しくなって体がついてこなくなることがありますね。
忙しいからと病院へもいかずに軽く考えていると、心の方もついてこなくなることもあります。
体、心のいずれにしても、壊れてしまったらそのまま仕事を続けることもできなくなってしまいます。
やむを得ず休職するとなれば、最初の1か月は有給などを利用して病欠扱いできても、2か月目からは給料が支払われないことがほとんどですよね。
健康保険の傷病手当という制度はありますが、申請してもなかなかお金は入ってこないものです。

生活費が足りなくて本当に困ったときは、頼りになるのはやはりキャッシングサービスです。
最近は審査も早い会社が多いので、休職中とはいえ会社にきちんと所属しているので借りられるケースは多いと思います。

傷病手当は手続きも遅く支払いも遅いので頼りにならない面はありますが、条件を満たしていれば支払われるのは間違いないため、一旦キャッシングして補い、傷病手当が支払われたらキャッシング一括返済に当てるのがよいです。
でも本来は傷病手当は、病気で働けず生活に困っている人を、それだけで助ける制度であるべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)