ずるずる借りたお金の返済の難しさ

舞い散るお札

消費者金融で合計110万円借りましたが、最初は5万円からのスタートでした。

それを返済しそのまま解約すれば良かったのですが、少しお金が必要になると一万円、二万円とかりる癖がつき、限度額を最大まで引き上げ、いつの間にか自分の預金口座のような感覚になっていました。
そうなると、もう返済しなくてはいけないという感覚もなくなっていきます。

次借りる為に必要最低額を月々返済してまた借りる、その繰り返しで気付けば100万円を超えていました。
気づいた時には月々の返済額も当初の3倍になっており、月々の返済だけ生活費をかなり圧迫するようになっていました。
そうなると、当然返すのが苦痛になります。

これが20万・30万という額であれば何カ月で返そうと目標が見えますが、100万を超えてくると年単位での返済になるので先が見えません。
だらだら、ずるずると借りてきたお金は何も生まず、返済しなければいけないという縛りで自分を苦しい状況においてしまっただけでした。

しかし、返さないといけないお金です。
色々なもの、事を節制し返済にあてていくことができるようになりました。
それまでは少しお金が足りないと思えば出てくるお金があったので、節制をすることさえ苦痛になっていました。

追い詰められてからは、ひたすら自分との戦いです。
どれだけ自分の欲求、甘さを断ち切り生活の中していくかです。
本当に困ったとき助けてくれる消費者金融ですが、使い方によってはこれだけ自分を苦しめうる存在だという事を忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)