なかなか減らないローン返済の日々

飛んでいくお金の前で泣く男性大手企業に入社して忙しく働いていた中、人間関係で悩み休職し収入が減り生活費に悩み、50万円を消費者金融で借りました。
毎月1万円ずつの返済でしたが、毎月返しても中々返済額は減らず。
再就職してたものの、収入は以前より減り1万円を返すのにもギリギリになりました。

返済額が、中々減らない事に焦りはじめました。
焦ると頭の中は借金の事ばかりになりました。節約出来る所は、節約し交際費をかけない為に友達の誘いも断るようになり誘いも減っていきました。
お金をかけないように休みの日も外に出る事も減る一方。

毎日仕事に通勤するだけで息抜きする楽しい事もなくなり、毎日、毎日、返済をする事を考えてばかりで気持ちも暗くなりました。
節約したお金は1万円から2万円に多く返済をしたり、切り詰めて行くうちに、頭の中は借金を返済する事ばかりで、借金を安易にしてしまった事に情けなくなり、次第に自分を追い詰めるように。

体調も崩しがちになり、病院へ行き心療内科に通うように勧められました。
安定剤を服用し、少しずつ借金の返済する事だけに意識をしないように医師からアドバイスされました。
無理して多く返済するのを辞め、最低金額の1万円を少しずつ返済するようにしました。

借金をしてから全てに余裕がなくなり、友達との時間も、自分の時間もなくし、体調も崩してしまい苦しみました。
それでも、中々返済額は減らずにいましたが、焦らず時間をかけてボーナスを待ち返済にあてて行くうちに、ようやく完済が見えるようになりました。
完済が見えてからは、気持ちにも余裕が出始めて、以前の暮らしに少しずつも戻りましたが、借金額が減らなかった時期が、1番辛く自分を追い詰めて身体をも壊しました。
返済額の減らない領収書を見るのが今でも辛かった時期を思い出させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)