キャッシングでブラックとはどういうこと?

愕然と膝と手を付くサラリーマンキャッシングを申込もうとする時に気になるのが審査。
審査の時に需要になるのが、信用情報と言われています。

信用情報とは、キャッシングカードなどを申し込んだ時の審査の際に使われる信用機関の情報です。
しかしその情報機関の情報が、人によってはブラックな場合があります。

ブラックというのは、ブラックリスト扱いになってしまっているということです。
実際にはブラックリストというのは存在しませんが、事故情報扱いになてしまっているという意味でブラックリストとも呼ばれています。

事故情報扱いされる人はどんな人かというと、支払いの延滞をしたり、自己破産や債務整理をした人などは事故情報として扱われます。
事故情報として扱われてしまうと、キャッシングなどを申し込んでも審査には通ることができなくなります。
もちろん、一度事故扱いになったらもうどうすることのできないのか?と不安になる方もいるかもしれません。
過去の延滞などの支払いを全て終わらせてから、約5年後には自己情報扱いではなくなると言われています。
ある程度の年数は必要にはなりますが、一生審査に通ることができないわけではないので安心して下さい。

とはいえ、できるのならブラック扱いにはなりたくはないですよね。
今既にキャッシングなどを利用しているのであれば、支払い期限などを忘れずに延滞することなどがないように気をつけて利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)