キャッシングの選び方と利用上の注意

ATMに入れるカードキャッシングはコンビニATMや提携している金融機関のATMでカードの限度額まで現金を引き出せるサービスです。
近年はコンビニATMが急速に拡大しており、ネット銀行も次々とできており、個人ローンとしてキャッシングを利用する方が増えてきています。

キャッシングをする際に気を付けたいポイントがいくつかあります。
①キャッシング業者
②利用方法
③利用上の注意、以上3点をしっかりと抑えることが必要です。

まずキャッシング業者について。
消費者金融をはじめ、メガバンクや地方銀行、最近台頭著しいネット銀行の大きく分けて3者があります。
消費者金融は自動機などでカードを発行してもらうものが一般的で、比較的金利が高めに設定。
メガバンクや地方銀行はインターネットでの申し込みも増えつつあるが、金融機関によっては窓口での申し込みが必要となるケースや利用先の金融機関に預金口座が必要な場合が多い。
ネット銀行はその名の通りインターネットで取引のほとんどが完結し、比較的審査スピードも早く金利も低めに設定しているところが多い。
私がキャッシング業者を選ぶポイントは、金利と利用できるATMの数が重視しています。
金利は高ければ高いほど総支払金額が多くなり返済金額も増加します。
利用できるATMが近所にないと、そもそもキャッシングの利用すらもままならない。
そのため返済負担が少なく、利用できるATMが多い方が急な出費への支払いにすぐに対応できるのではないでしょうか。

利用方法は、各取り扱いキャッシング業者は審査スピードや返済方法なども大きく異なっており、利用者それぞれの状況に応じた選び方が必要になってきます。
審査については各業者のほとんどで用いられているのが、信用情報を活用した自動審査システムです。
申し込みを行った人のこれまでのローンの状況や返済ぶりなどが金融機関等でつくる情報機関に蓄積されており、その情報が活用されます。
申し込み人が入力した勤務先や年収、家族状況などと組み合わせ、この人ならいくらまで融資可能か判断するのです。

他社での延滞等の情報も蓄積されており、注意が必要です。
また、返済方法についても指定した口座から自動で引き落とされるものや、ATMで随時返済を行っていくものがあります。
返済方法も各業者で異なっており、返済日も違うのでしっかりとした注意が必要です。

利用上の注意ですが、やはり返済日に遅れないことが絶対であす。
1日の遅れでもそれが常態化するとそのキャッシング業者では増枠や金利の引き下げの対応は期待できなくなります。
むしろ減額や金利の引き上げ、最悪の場合一括返済を要求される場合もあることから、返済日をしっかりと確認していくことは大切です。

また、業者によっては返済ぶりが良好であると認められる場合には、増枠や金利の引き下げを提案してくる場合もあるので、その場合は喜んで利用してみましょう。

以上、3点にわけて説明しましたが、私は現在ネット銀行のキャッシングを利用しており、しっかりとした返済を行っていたところ増枠と金利の引き下げの案内が2年間で3回行われました。
キャッシング業者には全く増枠や金利引き下げにも対応しないところもあるとも聞くため、その際には乗り換えてみるのもいいかもしれません。
いずれにしてもキャッシング利用には十分な注意が必要であり、計画的な返済をしっかりと行っていきながら、うまくキャッシングを利用していくことが大切です。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)