リボ払い地獄になった最悪な日々

落ち込む女性大学時代にカードを作ったことが原因で、サークルで万単位のお金を使うようになり、バイトでの稼ぎしかなく、沢山のお金が入らない為に、カード払いやキャッシングに頼る生活が始まりました。
キャッシングは自分のお金ではないのに簡単にお金が出てくるため、変に勘違いし自分がお金を持っているかのような錯覚に陥ります。
光熱費などに加え、旅行のお金、彼の誕生日プレゼントのお金、遊び代、食事代等カード支払いを増やしまくった結果、2枚のカードを使い分けることとなりました。
一括や2回払いだと1ヶ月の支払いがきつく、リボ払いへと変更していきました。

それが更なるカード地獄へのスタートでした。
リボ払いは1ヶ月の支払いが少なくなりますが、その分手数料がかなりかかり、いつまで払い続けても減らないというコラムを読みました。

確かに毎月ある程度の金額を払ってもなかなか返済額が減らず、カードをさらに使い続ける為、増え続けていく一方でした。
最終的にはカード2枚で100万近くまで膨れ上がり、払えない額となったため、更に消費者金融にお金を借りてしまっていた自分がいました。

支払いが遅れてしまったりして、消費者金融から電話があり、彼氏にも借金があることを内緒にしていたのですが、ばれて最悪の事態を招くこととなりました。
人としてそんなところにお金を借りるなんてありえないと散々怒られ、喧嘩に何度もなりました。
将来を考えられない等、自業自得ですが、ひどい言葉も浴びせられました。

自分ではどうしようもなくなり、親に相談して散々迷惑をかけることとなりました。
周りの人たちにも迷惑をかけてしまい、自分のストレスにもなり、本当に全てにおいて人生で最悪でした。
それからはカードを捨て、カードを使わない日々になりましたが、カードというのは本当に怖く、人を狂わせてしまうものだと実感致しました。

使い方を考えないと本当に危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)