勤労学生が消費者金融から借金をした結果

お札を数える手ほんの数年前ではありますが、私が大学生の頃に消費者金融二社(プロミスとアイフル)から各10万円ずつ計20万円の借金をしていました。
大学二年生で二十歳になり保護者の同意書も必要なくキャッシングを利用できる歳になったこともあり、そしてそれまでの期間たくさんアルバイトをしていたのにも関わらずそれ以上に遊びすぎていたので、私はキャッシングに頼ることにしました。
当時何より恐れていたのはこのことが両親に知られることとアルバイト先に知られることだった私は、プロミスにネット申し込みをした後に在籍確認は必ず必要なのか問い合わせました。
プロミスでは給料明細に勤務先が記されているなら、それだけで在籍確認がされたことになるとのこと。
それならと、無人契約機に行き給料明細と他に免許証を提出して無事に10万円の融資を受けることができました。
学生であってもプロミスは、安定した収入があれば電話での在籍確認も無しに融資をしてくれたので借入ができた後はとても安心しました。

私はプロミスからの融資を受けた後ATMを第二の口座のように使い、急な遊びの誘いがあった時でもプロミスを頼っていたので友好関係も非常に良好でした。
しかし、計画的に返済しているならまだしも私のようにまるで自分の口座のようにキャッシングを利用していてはもちろん返済が滞ります。
その時に私の取った行動は、もう一社からキャッシングを受けるという手段でした。

そして今度はアイフルにネット申し込みをして、プロミスの時と同様に心配だった在籍確認は職場の人に相談した上で電話で在籍確認をしてもらい免許証と給料明細を提出して10万円の融資を受けました。
このように二社から融資を受けていて良かった点は、最初のプロミスだけでは審査をしても10万円までしか融資をしてもらえませんがアイフルがあることで最大20万円を一気に手にすることができることです。

何かほしいものがありそれが高価なものであっても、キャッシングを利用することによって購入することが可能でした。
ですが二社から借りてしまっているという危機感が私の考え方を少し大人に、計画的にしてくれました。
それからは借入の際もよく考え、きちんと計画して返せる額だけを借りるように心掛けていました。

勤労学生とも言えるほど働いていた私は、月収を丸々返済にあてれば一社は完済できて尚且つもう一社にもそれなりの額を支払えるくらいの返済能力がありました。
言い方を変えると、学生でありながらキャッシングを利用しようとするならばそれくらいの収入があった方が安心であり、もし収入が月に10万円を切るようならば出来る限り今の収入でやりくりしていくべきだというのが実際にキャッシングをしていた私が思うことです。

計画的にといいましたが、実際のところ私はこの借金を完済するまでに3年の歳月がかかりました。ですが、だからと言ってキャッシングをするのは良くないというのではなく、きちんと返済能力を有しCMで言われているように計画的に返済していけるのであればキャッシングは非常に便利なものだと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)