銀行系カードローン対消費者金融系カードローン

銀行の建物キャッシングといえば、現在大きく分けると銀行系と消費者金融系の2つになると思います。

私が選ぶのならば、もちろん銀行系のカードローンですが、世の中、消費者金融がなくならない事を考えると需要はあるのでしょう。
銀行系のカードローンは金利が安く、コンビニのATMなどとも連動している事が多く、借りたり返したりするのもストレスなく利用ができます。

また、繰り上げ返済も手数料がかからない事が多く、薄利多売なのかなと感じる部分が多いです。
薄利多売な分だけ、銀行系は審査が厳しいようです。
だいたい銀行系のカードローンを申し込むと勤務先調査が入ります。

私は、銀行の方に「住宅ローン借換のため在先確認で電話をしました」と言ってもらいカードローンの在籍確認をして貰った事があります。

銀行であればこの様な電話がかかってきても、住宅ローンで立場を保つ事が出来ますが、あからさまに消費者金融系の企業から職場に電話が入ったら、金銭的に問題を抱えていると判断されるのではないかと思います。

ただし在職期間が短い人などは銀行の借り入れも難しいでしょうから、審査が甘い消費者金融系になってしまうのかなと思います。

借り入れの審査が甘い方が、その分、金利が高い傾向にあるのではないでょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)